病院のご案内Hospital Profile

副院長・院長補佐あいさつ

副院長あいさつ

副院長一宮洋介

順天堂大学医学部附属
順天堂東京江東高齢者医療センター
副院長
一宮洋介
2017年1月、総務省はわが国の高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)が27.4%に達したと発表しました。また2015年の統計では世界各国の高齢化率は、アメリカ14.8%、イギリス17.8%、ドイツ21.2%、イタリア22.4%、日本26.6%と本邦の高齢化率は世界のトップクラスです。
このような状況の中でアルツハイマー病(認知症の約60%を占める)を代表格とする認知症への取り組みは最重要課題です。順天堂東京江東高齢者医療センター(以下当医療センター)には認知症医療を専門とするメンタルクリニック外来と認知症病棟(ベット数129床)があり、アルツハイマー病やレビー小体型認知症など認知症の早期診断(短期検査入院あり)、早期治療、認知症に随伴する幻覚や妄想など行動・心理症状(BPSD)への対応を行い、さらに一般診療科と連携して肺炎や骨折などの身体合併症治療にも取り組んでいます。また脳神経外科では正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など治療可能な認知症に、脳神経内科ではパーキンソン関連疾患や脳炎などにも対応しています。

当医療センターは、平成24年度から都内12か所の地域拠点型認知症疾患医療センターの1つとして区東部(江東区、江戸川区、墨田区)を担当し、認知症医療の地域連携に関わっています。医師、看護師、介護職向けの研修会を主催して人材育成を図り、認知症介護者向けの家族教室や認知症カフェ(順天堂ひまわりカフェ)で家族のサポート活動を行っています。家族のサポートはBPSDの治療や予防の一助となります。

これからも江東区、江戸川区、墨田区など東京都の城東地区を中心とした地域の皆様に当医療センターが少しでもお役に立てるよう「より安全で、質の高い医療の提供」を使命に副院長として職員一同とともに努力してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

副院長あいさつ

副院長古川芳明

順天堂大学医学部附属
順天堂東京江東高齢者医療センター
副院長
古川芳明
順天堂東京江東高齢者医療センターは、大学の医学部附属病院および東京都区東部二次保険医療圏の中核病院として、東京都による「高齢者の福祉と医療の複合体構想(隣接する介護老人保健施設と特別養護老人ホームと連携)の中で診療を行ってまいりました。当医療センターは129床の認知症病床を有しており、2012年には東京都の指定を受け、区東部(江東区、江戸川区、墨田区)を担当する認知症疾患医療センターを内部に開設しております。わが国の高齢化率が25%を超えて超高齢化社会に突入し、しかも後期高齢者の約30%は要介護状態という状況下、多くの認知症患者さんを診療する当医療センターの副院長として(また認知症や難病の患者さんを診ることの多い脳神経内科の一人として)、メンタルクリニック・リハビリテーション科および地域の医療機関・福祉施設の方々と密に連携を図り、身体合併症・周辺症状への対応を含めて個々の症例に適した治療を行ってまいります。患者さんと平等の立場で接して真摯にお付き合いしていくことが大切と考えており、受診する全ての方々に「生活の質」を重視した診療を心がけておりますので、よろしくお願い申し上げます。

院長補佐あいさつ

診療部長宮嶋雅一

順天堂大学医学部附属
順天堂東京江東高齢者医療センター
院長補佐・診療部長
宮嶋雅一
順天堂東京江東高齢者医療センターは、高齢者に多い疾患の診断と治療を研究・実践し、高齢者の健康増進・生活の質の向上を図ることを目的としております。医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床心理士、理学療法士、ソーシャルワーカーなど、多職種が集まったチームで患者さんを包括的に診療し、身体的側面だけでなく、心理的・社会的側面にも目配りした、患者さんを全人的に診る医療に取り組んでいきます。また、地域の医療機関や福祉・介護サービスとの連携も積極的に行い、患者さんがすみ慣れた地域で安心して暮らしていかれるようサポートさせていただきます。「よりよい医療」を目指すためには、医療側の視点だけでは不十分です。病院の建物の中に入って、第一印象はいかがですか?最初に対応する事務職員は親切ですか? 診察する医師一人一人は、良い医療を提供しているでしょうか? 全体を通して、病院職員の患者さんや家族に対する接し方、いわゆる接遇はいかがですか? これまでにも患者さん、ご家族などから多くの声が寄せられています。お褒め、感謝の言葉もあれば、厳しいご意見もいただいています。どちらも我々にとっては、大変貴重なものであり診療現場に還元していく必要があります。これからも高齢者医療センターが「よりよい医療」を目指し、前に進んで行くためにも、忌憚なきご意見をお寄せください。今後ともよろしくお願い申し上げます。

院長補佐あいさつ

院長補佐植木理恵

順天堂大学医学部附属
順天堂東京江東高齢者医療センター
院長補佐
植木理恵
当医療センターは2002年に開院以来、日本の高齢化に伴い、アルツハイマー病などの認知症、生活習慣病や悪性疾患など、複数の疾患を併発している医療が必要な高齢者の増加に対応する為に、医師とともに他職種のコメディカルスタッフそれぞれの専門性を生かしたチーム医療を行っています。また、大学医学部の附属病院として、高齢者の心身や疾患の特徴を診療科を越えて理解する努力を継続し、よりよい医療の探求、さらに高齢者医療に精通した医療・介護スタッフの育成も重要な役割と認識し、教育活動も継続しています。このたびは津田院長、一宮副院長、古川副院長、宮嶋診療部長、看護部、事務部などとともに、長年当医療センターで診療を行ってきた皮膚科医の視点を活かして、順天堂大学の学是である「仁」を心して、必要な時に安心して受診できるように、地元の開業医の先生方や医療機関、行政、地域包括支援センターなどと相互連携のもと、きめ細かく患者さんそれぞれの状況に応じた質の高い医療を提供し、地域に貢献できる病院であるように努めてまいります。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。